医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛説明

医療レーザー脱毛とは「体毛を作る組織」をレーザーで破壊する治療です。黒い色(メラニン色素)に反応するレーザーで、毛根にダメージを与えることで毛を徐々に減らしていきます。

また、わきの匂い(ワキガ)軽減にも効果が認められています。

医療レーザー脱毛と毛周期の関係

毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでの周期のことです。毛周期は、成長期、退行期、休止期で構成されています。

医療レーザー脱毛が効果を発揮するのは、毛周期の中でも黒い色(メラニン色素)を多く含む成長期の毛のみです。成長期以外の毛にはダメージを与えることができません。皮膚の下には休止期の毛が多いことから、1回の医療レーザー脱毛では一部分の毛にしか効果がないことがわかります。

毛周期における成長期を見極めるのは難しく、一般的に毛周期としては30〜40日だと知られているため、このペースでの治療をおすすめしています。

医療レーザー脱毛の照射間隔の目安

部位や体質にもよりますが、約30〜40日間隔の治療をおすすめしています。回数は個人差により、平均4〜6回程度(男性のヒゲの場合は10回程度)の治療をおすすめしています。


診療時間

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※医療脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-896-3374

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)